国内MBAとは

国内MBAとは

MBAに関心があるけど、そもそもMBAって何だろうという方もいると思います。今回はMBAについて簡単にご紹介します。

MBAは、Master of Business Administrationの略で、ビジネス管理に関する大学院の修士課程です。
MBAプログラムは、経営戦略、ファイナンス、マーケティング、生産オペレーション、人材マネジメントなどのトピックについて学ぶことができます。
そのため、MBAは、経営者や経営幹部を目指す学生にとって非常に有益なプログラムとも考えられています。

MBAの授業は、講義形式からケーススタディと呼ばれるある企業事例を用いて、クラスディスカッションを行うものまでさまざまです。
ケーススタディは、特定の事例を分析することによって、問題を理解し、解決策を導き出す手法です。ケーススタディは、MBAだけでなく、医学、教育などのさまざまな分野で使用されています。
このケーススタディのメリットとしては、事例を通じて現実世界の課題を理解し、学習することができます。

ケーススタディは実際に企業事例の調査、研究などを行い作成されます。ケースを作成するのも時間がかかりますし、多くの事例を
ストックしておくのも難しいので、海外のケースを使うことも多いと思いかもしれません。

国内MBAとは

国内MBAとは、日本国内で開講されるMBAプログラムのことを指します。ビジネスに関する専門的な知識やスキルを学ぶことができる大学院レベルの学位プログラムです。国内MBAプログラムは、日本の大学や経営大学院などで開講され、日本語で教育を受けることができます。また海外のスクールに比べて、日本企業を扱うケースも多いという特長もあります。
プログラムとしては、全日制、夜間および週末、オンラインなど様々な形態のプログラムが各校で提供されています。

国内MBAの学費について

国内のMBAプログラムの学費は、大学やプログラムによって異なりますが、一般的には年間数十万から150万前後のところが多いかと思います。また、プログラムの期間や形態によっても学費が異なります。例えば、国公立大学のプログラムは、私立大学に比べて学費が安いです。全日制の場合は、学費に加え、生活費なども考慮する必要があります。

関連する記事はこちら
国内MBA受験に予備校は必要か?予備校のメリットとデメリット

40代、50代でも国内MBAに合格できるのか?年齢の壁はあるのか