中央大学大学院 戦略経営研究科(中央大学ビジネススクール)の入試対策

CBS

2008年4月に開設された比較的新しいスクールである中央大学大学院 戦略経営研究科(中央大学ビジネススクール)。今回は、
中央大学大学院 戦略経営研究科(中央大学ビジネススクール)の概要と入試対策についてご紹介していきます。

 

中央大学大学院 戦略経営研究科戦略経営専攻(CBS)の概要

  • 名称 :中央大学大学院 戦略経営研究科戦略経営専攻
  • 駿河台キャンパスは移転したばかりで御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、神保町駅、小川町駅の各線より3~9分。JR御茶ノ水駅から
    3分という好立地でアクセスも便利です。

  • 学位名称:経営修士(専門職)
  • 募集定員:募集定員 80名
  • 4月入学 50名(入試:11月/1月/2月選考 年3回開催)
    9月入学 30名(7月選考)

    4月入試は秋から3回実施しており、2月選考があるので最後まで悩んでいる方にはありがたいですね。おそらく、国内MBAの中では
    一番遅くまで出願ができる学校かと思います。また9月入試も実施しており、年間で4回の選考が行われています。
    2024年4月に入学された方の話では、秋入試の倍率は1.5倍前後ではないかとのことです。

  • 平均年齢は40.12歳
  • ※2024年5月確認時
    実務経験が豊富な方が多く、ディスカッションの質が高いということがアピールされています。弊校からも毎年
    合格者を輩出していますが、入学された方は学生さんのレベルが高いとおっしゃていました。
    また、課長以上の方が68.5%を占めるなど、MBAというよりはEMBAに近い感じかもしれません。
    CBSのネットワークとしては1,075名。人的ネットワークがMBAの大きな利点の一つです。

    CBS平均年齢

  • 学費
  • 学費は2年間合計が3,400,000円となっています。専門実践教育訓練給付金の対象であれば、最大で112万円の対象になるので
    活用できると出費を抑えることができます。

  • 国際認証
  • 中央大学ビジネススクール(CBS)は、2022年9月20日、ビジネス教育の国際認証機関である
    AMBA(The Association of MBAs:英国)より、国際認証を取得しています。

    URL:中央大学大学院 戦略経営研究科(CBS)

     

    CBSの求める人材像

    CBSでは、経営学にかかる各専門分野及びその関連領域における理論並びに実務に関する教育研究を行うことにより、広く豊かな学識と優れた専門能力を有し、ビジネスを通じて社会に貢献できる人材、すなわち戦略経営リーダー(=チェンジ・リーダー)を養成することをミッションに掲げているスクールです。

    CBSではチェンジリーダーを育成するために、下記の7つを養うことが掲げられています。

  • 現場が直面している問題の発見力と、それを解決する問題解決力
  • 物事を構造的かつ俯瞰的にとらえるグローバルな構想力
  • 人や組織や市場に対する深い理解と想像力
  • アイデアと行動を通して現場・組織・社会を変える巻き込み力
  • 多様な経営資源を獲得する資源動員力
  • 人・アイデア・世界をつなぐネットワークキング力
  • 高い倫理性を備えた経営を実践できるコンプライアンス力
  •  

    中央大学大学院 戦略経営研究科戦略経営専攻(CBS)の特徴

    特徴その1: ビジネスパーソンにはありがたいスケジュール

    進学された方がおっしゃるのはスケジュール。平日はオンライン講義、土日は対面講義ということで、
    平日は出張で参加できない方もオンラインから参加できるとのことで、オンラインは便利だとの声がありました。
    一方で、対面で授業を重視される方には物足りないとの意見もありました。なので、ご自身のワークスタイルに照らし合わせて
    学校選びの参考にしていただければと思います。

    CBSのスケジュールイメージ

    また、弊校から入学された方にはお子様を抱える女性の方もいらっしゃったので、柔軟なスケジュールが
    志望の決め手になった方もいらっしゃいます。利便性も優れているので、出張で東京駅から近いので助かるという声もありました。

    特徴その2: カリキュラム

    近年、コンプライアンス重視が求められる中で、ビジネススクールとしては珍しい経営法務が必修科目として
    はいっています。法律に強い中央ならではの取り組みです。入学された方の中には、ちょうど、企業不祥事があり
    経営法務のような科目があることで、目的意識をもって学ぶことができるという声もありました。

    そのほかにも、選択必修ということでアントレプレナーシップとビジネスプランニングの科目が
    選択必修科目として求められており、インプットとアウトプットを意識しているカリキュラムが組まれています。

    CBSカリキュラム

    また提出する志願理由書には、戦略、マーケティング、人的資源管理、ファイナンス、経営法務の5分野の中から
    自分が学びたい分野を選択することが予め求められています。

    修士論文は求められていませんが、在学生全員が、「プロジェクト」に所属し、専任教員からの指導を受けることができます。
    各プロジェクトは、おおむね6名程度の少人数で、活動のアウトプットは、受講生の志向に合わせて、修士論文から、
    実務的な事業計画書まで選択することができ、修士論文を書かれる方も多いとのこと。

     

    中央大学大学院 戦略経営研究科戦略経営専攻(CBS)の試験と対策

    入学選考には、一般入試と企業等推薦入試があります。どちらも
    選考は、書類審査(志願者経歴書、志願理由書、その他の提出書類)と、面接試験があります。

    ※企業等推薦入試の場合には、出願書類に「企業等からの推薦書」があります。

    志願理由書について

    提出時に求められる志願理由書としては、A4(タテ 40 字×ヨコ 40 字) 4 枚を限度とし、4,800~6,400 字の範囲。
    ほかの学校に比べて、求められる項目と文章量が多いです。項目は、下記の内容になります。
    ※募集要項より抜粋

    1.これまでの実務での経験および業務実績

    勤務先での現在の業務内容や、以前の勤務先を含めたこれまでの業務経験(担当した仕事やプロジェクトなど)を時系列で
    具体的にお書きください。また、これまでの実務経験の中で得られた気づきや獲得したスキル・ノウハウ、
    さらに具体的に直面した課題やその解決策など実例をあげて記述してください。

    2.志願理由

    (1)中央大学ビジネススクールを志願する理由をお書きください。
    (2)実務におけるあなたの現在の関心事項、問題意識などをできるだけ詳しく具体的に記述してくだ
    さい。
    (3)本研究科修了後のキャリアプランを記述してください。その際に現実の実務との関連性も明記して
    ください。
    (4)チェンジ・リーダーとして実現したいこと。あなたが目指すリーダー像とリーダーとして「変えたい」と
    考えていること、そしてその理由について、キャリアプランとも併せて、できるだけ具体的に記述して
    ください。

    3.本研究科で学びたいこと

    (1)中心的に学びたい分野について、以下から1つ選択しその分野名を記入してください。またその
    理由を説明してください。
    戦略 、マーケティング 、人的資源管理 、ファイナンス 、経営法務

     
    以上のように項目は多いのですが、これまでやってきたこと、志望理由、学校に入って何を学びたいのか、
    卒業後はどのようになりたいのかを書かせる内容になります。

    面接について

    面接はこの志望理由書に基づいて行われます。時間は15~20分程度。まずはしっかりと志望理由書を仕上げることを目指してください。
    中央は先ほども書いたように4月入学であれば、年3回の受験機会があります。万が一、落ちても合格するチャンスが
    ありますので、粘り強く取り組んでいただければと思います。

     

    最後に

    お茶の水の新キャンパスに移ったばかりのCBS。利便性も向上しました。最初はCBSに興味のない人でも
    学校説明会の模擬授業や実際の話を聞いて、志望をされる方が多いのが特徴かと思います。
    学生主導のコミュニティでCBS有志の読書会は楽しそうだなと思いました。
    強いコミュニティ
    学校選びにもいろいろな軸があるかと思うので、今回の記事がご自身にあった学校選びの参考になれば
    ありがたいです。学校選びに迷われるようであれば、随時無料のオンライン面談を実施しておりますので
    お気軽にご相談ください。

    関連記事はこちら
    40代、50代でも国内MBAに合格できるのか?年齢の壁はあるのか